とんとんの休日

酒とうさぎを愛するおさーんのブログ

【亀戸】鮮度抜群のお刺身が安く喰える店、亀戸 したぢ屋で飲んだくれる!

亀戸といえばホルモンで有名だったが、最近の亀戸はせんべろ街としても名を広げつつあるのだ!サワー類が激安なお店、おつまみのコスパがよいお店等々それぞれの特徴とその日の気分に応じてお店を決められるっていいよね。

とんとんは、うまい刺身で安く飲んだくれたい時は、ここしたぢ屋さんを利用する。

f:id:tonton29usa:20170819093417j:plain

目次

鮮度抜群のお刺身が安く喰える店、亀戸 したぢ屋で飲んだくれる!

目的地の場所は。まず亀戸駅北口を降りて真っすぐ進み、右手に見える路地の中にある。亀戸餃子ホルモン青木2号店を通り抜けさらにずっと進んだ先、徒歩4分くらいかな。赤ちょうちんと暖色系のライトが目印だ。

この日は平日。時刻は17時ちょい前。中に入るとカウンターが4~5席。4人用テーブル席が4つほど確認できた。カウンターはすでに埋まっており常連さんらしき人達が楽しそうに飲んだくれている。とんとんも早く飲んだくれなくては!

ドリンクは、生ビールジョッキ(アサヒのドライ)400円、お茶ハイ、サワー類300円~、日本酒は350円からある。とんとんはまず、お茶ハイをオーダーした。

f:id:tonton29usa:20170819151223j:plain

 売切れ御免!鮮度抜群の刺身2点盛りに衝撃が走る!

ここはホワイトボードが大事だ。その日のオススメを店主が美味しそうな画像と共にツイッターで呟いてくれるのでフォローしておくとい。行けない日は悔しいだけだがなっ!

f:id:tonton29usa:20170819151722j:plain

 この日の2点盛りは本マグロと真鯛だ。このコンビで300円ってことあるのか?頼まないわけないよね。もうお刺身の口になっているので白魚と青柳の刺身250円も注文だ。いやまてよ。ということは4点盛りで550円ってことか!などと馬鹿な事を考えていると店員さんが料理を運んできた。

f:id:tonton29usa:20170819152353j:plain

一瞬、三点盛りじゃんって思ったがよくみたらマグロの赤身とトロの部分だ。ただでさえ安くてお得なのに、さらにお得感が得られるっていう。あれ「得」って今何回言った?

味のレポはもう必要ないか。子供だって画像を見て美味しいヤツだって一目でわかるよね。これきっとフロントエンド商品ってやつで、赤字覚悟のものなのかな。とんとんにとっては安美味(やすうま)だったら何でもいいんだけどね。よし、シャリキンホッピー追加だ!

f:id:tonton29usa:20170819153035j:plain

凍らされたジョッキ、シャリキン、よく冷えたホッピー瓶の三点セットと一緒に白魚と青柳の刺身も運ばれてきたぞ。おお、これもまた新鮮だ。250円かー!安いな!

f:id:tonton29usa:20170819153359j:plain

とんとんは静岡に住んでいたことがあるので、白魚にはちょっとうるさいぞ!そう簡単には美味いとは……うおー、美味い!ねっとりねっとり!まぁ実は本場で食べても東京で食べても違いなんてわかんないんだよね。青柳も臭みもないし、歯応えも新鮮で甘みを感じる美味しさ。ここのお刺身は間違いないよ!

焼き物や揚げ物も充実。そして安い!

お刺身ばかりじゃあれなので、ポテサラ250円とモツ煮300円を追加。串モノも一本100円からで気になるが、ここのところ串ばっかり食べているのでやめておこう。

f:id:tonton29usa:20170819153757j:plain

ポテサラはマッシュされた甘めのタイプ。食べ慣れたお母さん系のやつね。250円でこの量なら納得だろう。中250円おかわりだ!

f:id:tonton29usa:20170819154004j:plain

モツ煮は至ってシンプル。やや臭みがあるかな。普通のやつだね。

f:id:tonton29usa:20170819154119j:plain

とんとん的に、ここはお刺身を食べたい時に利用するお店という位置づけだ。その他のメニューは安くて普通に美味しいという感じ。串だって100円で普通に満足な味なんだけどね。やはりお刺身の感動が強すぎるので、他が見劣りしてしまうのは仕方ないかな。とにかくホワイトボードで攻めるといい!!

マストなオーダー

刺し身2点盛り:300円

ホワイトボードのメニュー

とんとん評価

CP度(美味しさ×価格):7/10

お会計

緑茶ハイ:300円

 刺身2点盛り:300円

ホッピー:400円

白魚と青柳の刺身:250円

中:250円

ポテトサラダ:250円

モツ煮:300円

お会計:2,050円

とんとん的せんべろ認定だね!

店舗情報

大衆酒場 したぢ屋

東京都江東区亀戸5-16-5

営業時間:16:00~23:30(LO.22:30)

定休日:日曜

亀戸の他記事

www.tonton29usa.com

www.tonton29usa.com

www.tonton29usa.com

【秋葉原】ありえないコスパで年中無休!おそるべし!ビーフキッチンスタジオ(BEEF KITCHEN STAND)で飲む!

安すぎてド肝を抜かれる。そんな店があると聞いて飲んだくれに行かない訳がない。そして、それがまさか、とんとんがよく行く秋葉原四文屋の裏にあったなんて!

目次

ありえないコスパで年中無休!おそるべし!ビーフキッチンスタジオ(BEEF KITCHEN STAND)で飲む!

飲み物が安いと多少フードは高くなる。逆にフードが安いと飲み物がお高めになる。こんな風にバランスが取れているお店が多いが、ここはドリンクもフードも激安で、立ち飲みでもなければお通し代もなし!

秋葉原駅昭和通り口を降りて進み、昭和通りを渡った右手すぐの路地に入ればそれはすぐに見えてくる。駅から2分の立地だ。オープンスペースもあり中も広そう。

f:id:tonton29usa:20170817193856j:plain

このお店はアパホテルの一角にある。直営店ではないようだけどね。

f:id:tonton29usa:20170817200053j:plain

明るい店内、若いイケメン、美女スタッフがせんべろ店で働いている!

別にせんべろ店に若い店員や美女スタッフがいないといっているわけではないぞ!と、軽く言い訳しておいてと。

f:id:tonton29usa:20170818192054j:plain

カウンター席に案内されるとすぐに若く可愛い店員がドリンクのオーダーを取りに来てくれる。もちろんここは最安値のトリスハイボール250円だ!他にお安いお酒を探すと、プレミアムモルツ生が390円に、強炭酸チューハイが290円だ。480円の商品も多々あるが、この辺で攻めればせんべろだね。

f:id:tonton29usa:20170817200505j:plain

縮小したら値段がよく見えなくなったという、あるある。ごめんね。

お馴染みのジョッキに注がれたトリスハイボール。少し減っているように見えるけど、今回は撮影前に飲んでないはず。あれ飲んだかな?まぁいいか。炭酸強めの美味しいトリスハイボールだね。

f:id:tonton29usa:20170818104833j:plain

飲みながらメニューを選んでいると何やら視線を感じたので顔を見上げた。

f:id:tonton29usa:20170818105307j:plain

社長だ。社長がこっち向いているよ。気になるのでそっと裏返しておこう。ん、待てよ。なんだこれ。怪しげな機械を発見。社長の後ろにあるやつだ。スマホで調べたら、ドイツ産のリキュールでイエーガーマイスターというものらしい。エレンではないぞ。日本でいうところの養命酒らしく、ドイツやアメリカでは色々な飲み方で愛されているそうだ。飲んでみたかったが二軒目だったし、三軒目の予定もあったので、未知なる飲み物は今日はやめておこう。

激安なのに更に割引が!

フードメニューは100円からある。この内装で座れて飲み物が安いのにフードが100円からだと!やばいなここ。亀戸のうまかっぺやさん以来の衝撃だよ。

f:id:tonton29usa:20170818105440j:plain

 50gのビフテキが290円だと!しかも濃い系イケメン店員がいうには今ならLINE登録で100円引きになるとか。頼むしかねー。

f:id:tonton29usa:20170818105741j:plain

そして、待つこと数分。出てきたのがこちらだ!

f:id:tonton29usa:20170818153630j:plain

デカイ!これ本当に50gか!?かなり分厚いから絶対50g以上はあるだろおお!オニオンスライスの上にデカイ肉。そしてガーリックチップが散りばめられている。店員さんがオススメのステーキソースも出してくれたがまずは塩で頂こう。

ナイフを入れると柔らかい!もっとこうアメリカンな固い肉を想像していたのになんだこの柔らかさは!199円だぞ!某いきなりス○ーキよりいい肉なんじゃないのか。食べてみるとジューシーで、ちゃんと肉の旨味も感じる。ライス欲しくなるやつだ。次はステーキソースで一口。これも美味いね。甘めのソースが肉とオニスラとマッチしていい。よーし、トリスハイボールおかわりだ!

調味料も色々揃ってて、味変も可能だ!至れり尽くせりなところも評価高いね。

f:id:tonton29usa:20170818192122j:plain

サイドメニューが豊富!みんなで楽しめるBKSだ!

色々気になるメニューがありすぎて、決めるのに悪戦苦闘したが、まずは煮込み研究家(自称)としては人気の煮込み190円は外せない。それとポトフ卵入り150円と牡蠣のアヒージョ199円をオーダーすることにした。

ビフテキをペロリと平らげると、煮込みがすぐに運ばれてきた。おおー!そうきたか、なるほど!ここの煮込みはトマトベースの牛すじ肉系かな。人参などの根菜にこんにゃくが入っている。煮込み加減もとんとんが好きな具合だ。スープがほんのりとろっとしているよね。煮込みっていうか、トマトスープっていうか、とにかく美味しいな。バケット頼んじゃおうかな?

f:id:tonton29usa:20170818154228j:plain

次に運ばれてきたのは卵入りポトフだ。煮込み系に煮込みっぽいものを合わせてしまった。これはミスオーダーだったかな。なんて思いながら一口。おー、濃い!家で作ったポトフと何か違う。んーなんだろう。味がすごくよく染み込んでて美味いぞ。しかも190円でこの量はおかしいってば。バケット欲しくなるなー。

f:id:tonton29usa:20170818155216j:plain

お次は、ででーん!と登場。牡蠣のアヒージョ190円。ん。あれ。配膳されている時にもう鼻につく生臭さが漂っている。フォークで中を探ると小ぶりの牡蠣が5個も入っているんだけど……。一口食べたけどやっぱり生臭い。そして苦味が強い。んーこれは残念だな。とんとんには珍しく残してしまった。

f:id:tonton29usa:20170818155427j:plain

 結局、バケットを追加注文して、煮込みやポトフと一緒に食べましたとさ!

f:id:tonton29usa:20170818192024j:plain

マストなオーダー

 名物ビフテキ:290円

人気の煮込み:190円

とんとん評価

CP度(美味しさ×価格):7/10

牡蠣のアヒージョが残念だったけど、たまたまかな。総合的に加味しても酔いお店だと思う!とんとん的せんべろだ!

お会計

トリスハイボール:250円×3

 名物ビフテキ290円(クーポン使用により190円)

人気の煮込み:190円

卵入りポトフ:150円

牡蠣のアヒージョ:190円

バケット:100円

合計:1,570円(税別)

3杯とツマミ5品でこの値段!

店舗情報

肉バル ビーフキッチンスタジオ(BEEF KITCHEN STAND)

東京都千代田区神田佐久間町2-13-20 アパホテル1F

営業時間:月~金 7:00~9:30 16:00~25:00 日祝 7:00~9:30 16:00~24:00

年中無休

 秋葉原周辺の他記事

www.tonton29usa.com

www.tonton29usa.com

【立石】あれから毎週通って、飲ん兵衛の聖地 宇ち多" リベンジ!!

人生初の宇ち入りで惨敗したとんとんは、それから毎週宇ち多"に通ったのだった。飲んだくれるという名のレベル上げってやつだ。いくつか呪文も覚えてくると宇ち多"の新たな一面が見えてきた。今日はその報告だっ!

【初宇ち入り惨敗の様子はコチラ】

www.tonton29usa.com

目次

あれから毎週通って、飲ん兵衛の聖地 宇ち多" リベンジ!!

口開けに五週連続で挑み、ようやくホネをゲット。偶然からツルもゲット。そんなサクセスストーリーをお教えしよう!いや違う!そんな自慢話誰も聞きたくねーはず。それよりも、とんとんの経験則からなるお得情報を出さねば!!

並ぶ時間帯の目安。

まず、口開けを狙うのであれば、平日であれば遅くとも13時15分までには並ばないと厳しいだろう。超絶レアのホネを狙うのであれば12時半前かなー。もちろん日にもよるけどね。

極力並びたくないという方は、16時半~17時半頃だろうか。だがしかし、希少部位はもちろん、ハツやカシラもなくなっている場合も多い。もっと遅くなるとナンコツがなくなり、煮込みもなくなるので注意だ!

希少部位は諦めているけど、テッポウ、ハツ生、カシラは食べたい。でもなるべく並びたくないという方は、15時半頃がオススメだ。とんとんはこの時間を狙う。経験によると待ち時間0分というラッキーな時もあれば最大でも20分程度だね。※連休明けは予測不能。ほぼどの時間も混雑していると思う。

飲み物の選択肢!

着席と同時に飲み物を聞かれる。ウメ?ビール?と聞かれるので即座に答えよう!

ドリンク種類

大瓶:600円

小瓶:400円

ウメ割り:200円

ブドウ割り:200円

ウーロン茶:200円

サイダー:200円

※ウメ割り、ブドウ割りは、5杯半までという制限あり。半は半分の略で100円。

他にもドリンクがあるけれど、頼んでいる人を見たことがないかな。あ、日本酒300円を頼んだ人を一人みたかぞ。

f:id:tonton29usa:20170817113727j:plain

ウメ割り200円。最初はうわってなるけど、クセになるぞ!

f:id:tonton29usa:20170817113808j:plain

ブドウ割り。これは甘めかな。いい色だ!

ウメ割りは、25度の宝焼酎に天羽の梅をちょろっと垂らしたもの。ブドウ割りは同じく25度の宝焼酎に大正十二年から販売されているブドウ液を垂らしたもの。とんとんは、最初の一杯目をウメ割り、それ以降はブドウ割り甘めを頼む事が多いかな。

このサイトに詳しいことが載ってますね!

元祖下町酎ハイ 謎の酎ハイ 怪しげな酎ハイ

東京五大煮込みで一番美味いと思う!

お酒を注文したら、そのまままずは煮込みを注文しよう。様々な豚の部位が入っている煮込みを味わい尽くすのだ!

f:id:tonton29usa:20170817114127j:plain

鍋前というカウンター席に座った時の画像。この大鍋の中身が1日で無くなるっていうんだから凄いよね。

f:id:tonton29usa:20170817114057j:plain

このボリュームで200円だからね。最初はデフォルトで慣れてきたら好きなオーダーをしよう。

煮込みの種類

煮込み:ホネ以外の部位がまんべんなく入っている。

ホネ:超絶レア、仕入れによって違うだろうけど10皿程度じゃないかな。豚の顎肉

煮込み白いとこ:シロなどが多め。煮込み黒いとこ抜いて、という人もいる。

煮込み黒いとこ:肺(フワ)やレバー部分が多め。とんとんはちょっと苦手。

煮込みハツモト:ハツモト、コリコリした食感。

煮込み脂のとこ:こってり脂の部分多め。お肉の部分も多めになる。

とんとんが好きなのは脂のとこだね。最初に白いとこを頼んで二皿目に脂のとこを頼むなんていう贅沢をする日もある!

ちなみに、ホネは口開け5回目でようやくゲットすることができた。12時半頃に並び宇ち入り直後、座席に座るやいなや挙手し「ホネ下さい!箸下さい!」を連呼!ラスト一本をゲットできたのであった。

f:id:tonton29usa:20170817154444j:plain

画像上半分の物体がホネだ。豚の顎肉らしい。ホネにしっかりとくっついているので齧り付いて肉をこそげ取るようにして喰う。手は汚れるのでティッシュが不可欠だ。正直そこまで並ぶほどではないかな。普通に美味いけどね。

モツを酢で喰うという衝撃。

とんとんは生粋の関東人なので、モツを酢で食べる習慣もないし、そういうお店とも出会わなかった。チェーンの九州系のお店で食べる程度かな。モツがゴムみたいに固くて不味かった記憶しかない!

宇ち多"の「生」は茹でて火を通してある。 その生を酢醤油で喰った時の衝撃。まさにディープインパクト!!よくわかんないね。

f:id:tonton29usa:20170817122900j:plain

↑ハツ生お酢200円。これ一番好きかも。必ず頼む一品!

f:id:tonton29usa:20170817122938j:plain

↑ボイル(レバー)ハツお酢200円。レバーも美味しいんだよね。ねっとりしている。

f:id:tonton29usa:20170817122850j:plain

↑タン生お酢200円。みんな大好きタン生!夕方前には売り切れちゃうね。

f:id:tonton29usa:20170817123121j:plain

↑テッポウ(一人一串限定)とレバ生お酢200円 

生だけじゃないぞ。シロの素焼きお酢200円とかもある。私はナンコツ200円を塩で頼んで先に頼んでいた生の酢醤油にナンコツをつけて食べるのが好きだ。

f:id:tonton29usa:20170817152856j:plain

↑ナンコツ塩200円マストメニューだね。どこの部位のナンコツなんだろうね。他のやきとん屋さんでもあまり見慣れない部分。クニャコリしてて凄く美味しいよ。

下の画像は生のお皿にナンコツを移したものだね。

f:id:tonton29usa:20170817153144j:plain

お新香に紅生姜乗っけただけなのになぜ美味いんだ。

お新香は2種類。お新香(きゅうりと大根のぬか漬け)200円と大根(大根のみ)200円だ。デフォルトは紅生姜が少し乗っていてお醤油が掛かっている。もちろん、これもアレンジできるのだ。

お新香しょうが:きゅうりと大根に紅生姜が多めに乗っている。

お新香しょうがお酢:きゅうりと大根に紅生姜が多めでお酢が掛けられる。

とんとんは、大根しょうがお酢、を毎回頼むね。

f:id:tonton29usa:20170817153709j:plain

↑お新香しょうがお酢

f:id:tonton29usa:20170817153727j:plain

↑大根しょうがお酢

煮込みや串モノで脂っぽくなった口の中が、この紅生姜の効いたお新香によってさっぱりする。ちなみに、お新香しょうが乗っけないで、というオーダーもある。

お一人様一皿限定。カシラはただのカシラじゃない!

ここのカシラは絶品だ。歯ざわり?食感?が他店とはまったく違う。噛めば肉が歯に吸い付くんだ。適度な脂と肉。広がる旨味。とんとん、実はこれお一人様一皿限定って知らなくて何回かタレと塩を頼んでいたんだよね。たまたまタレ塩同時ではなく、しかも違う人に頼んでいたのでバレていなかったらしい。この間タレ塩一度に頼んだら怒られた!(笑

f:id:tonton29usa:20170817153953j:plain

f:id:tonton29usa:20170817154922j:plain

タレと塩、どちらで食べても激美味だぞ!

宇ち多"の鉄の掟と接客

宇ち多"の接客は好みがハッキリ分かれるよね。でもとんとんは思うんだ。恐らく、宇ち多"の理念は美味しいモツをより多くの人に安く味わってもらいたいと。この一点だ。

酔った客はルールを守らないから飲んだ客入れない、背負ったバックが他のお客さんに当たるから前で持て、通路に足を出すと危ないから足は閉じろ、飲み終わったのなら待っている人のために席を譲れ、文章にすると当たり前のことを言っているんだよね。

鬼のような接客も甘い顔をしたらルールを守らないお客が後を絶たないからじゃないかな。よく観察していると店員さんの気配りは凄いし、アレだけの数を中ではほぼ待たせることなく接客する実力は相当なものだ。

実際、宇ち多"ほどお客のわがままを聞いてくれるお店も珍しい。前述した通り、煮込みも好きな部位を自由に頼めるわけだし、呪文のようなオーダーもお客が好きな食べ方を何通りも選べるってことだしね。

接客が苦手だという人は、そういう視点でもう一度宇ち多"で飲んでみて欲しいな。

とんとんオーダー!

大体いつもこんな感じだ!

ウメ割り:200円

テッポウレバ生お酢:200円

ナンコツ塩:200円

ブドウ割り:200円

煮込み脂のこと:200円

ハツ生お酢:200円

ブドウ割り:200円

カシラタレ:200円

大根しょうがお酢:200円

ブドウ割り:200円

シロ素焼きお酢:200円

アブラ少ないとこタレ:200円

ブドウ半分:100円

お会計:2,500円

頼みすぎだよね……。

立石周辺の他記事。

www.tonton29usa.com

www.tonton29usa.com

 

 

 

【上野】立ち飲みで行列!?コスパ最高のふぶき(Fu Bu Ki)で飲んだくれる!

どこで飲んだくれてやろうかと考えながら総武線を乗って秋葉原へと出る。百飲もいいなー、四文屋はこの前に行ったしなー。ビーフキッチンはお腹いっぱいになっちゃいそうだしなー。ちらりと時計をみやると時刻は17時。車窓を覗き込んだとんとんは閃いた。

そうだ、上野に行こう

目次

 立ち飲みで行列!?コスパ最高のふぶき(Fu Bu Ki)で飲んだくれる!

秋葉原から乗り換え山手線へ。上野とはいってもふぶきは御徒町からアメ横を歩いたほうが近いので御徒町駅下車。清龍にも誘惑されるがここは初志貫徹、アメ横ガード下右側の路地を進むとふぶきが見えてきた。並んでいる、が列は少ない方だ、いける!

f:id:tonton29usa:20170815154704j:plain

カウンターは11席、2席と6席のテーブルがある。テーブル席は座れるけど席料はない。口開け後だったので少し待って入店。まずはホッピー390円で喉を潤そう。

f:id:tonton29usa:20170815155729j:plain

ちなみにドリンクは、ジョッキ生は390円、サワー類も、お茶ハイ系も、ニッカウィスキーも330円、お酒は豪快が大徳利で600円だ。

看板メニューは刺し身三点盛りという名の六点盛り?

何はともあれ、ここで頼むのは刺し身三点盛り390円だ。さぁみなさん、画像をよくご覧ください。ネギトロ、鯖、海老、まぐろ。ハマチ、下足……ひいふうみい……六点盛りじゃないか!ちらりとカウンターをみると全員が頼んでいるよ!ペアできてても一人一皿っていうね。

f:id:tonton29usa:20170815155848j:plain

これじゃあ並ぶわけだよ、と納得のコスパなんだけどここは上野。大山だのカドクラだのタキオカだのがあるせんべろ激戦区を舐めるんじゃねー!それだけで生き残れるほど甘くないんだ!

うん。生き残っているからそれだけじゃないんだな。

値段と量や味が見合ってないお店。いい意味でだぞ!

とんとんがマストなオーダーは煮穴子290円。形崩れの訳あり穴子だと思うんだけど量が多い!味付けもしっかりされていて、これをちびちびツマミながら飲む酒がまた美味いんだ。ホッピーでもいいし、日本酒も合うよね。実はとんとん、刺し盛りよりもこっちが目当てかもなー。

f:id:tonton29usa:20170815160522j:plain

ここふぶきは鉄板がカウンターのすぐ目の前にあるので、他の人のオーダーが作られていく姿を見ながら飲むのもまたおつだ。特にだし巻きオムレツ290円は、頼むつもりがなかったのに、華麗に焼かれていく様を見ているとついついオーダーしてしまう一品だ。

f:id:tonton29usa:20170815161341j:plain

鉄板の上で平たく広げられた卵液を手際よくクルクルっと巻いて一瞬で完成。出汁が効いていてこれまた酒に合う。

次にマストなのは、あさりニンニク醤油漬け190円。運ばれると毎回、え、これ190円だっけと感じてしまう。予め醤油とニンニクに漬けられたあさりなのでスピードメニューだね。美味しいぞ。

f:id:tonton29usa:20170815162210j:plain

まだまだワクワクするメニューが豊富!

本マグロで作ったツナサラダ190円。とんとんのアホ舌にはこれがツナ缶なのか本マグロの身で作ったのか違いがわからぬ。少し歯応えが強いかな?190円で量も味も申し分ないんだけどね。たとえ本マグロでなくても十分コスパがよい一品だ。

f:id:tonton29usa:20170815162455j:plain

※以下は違う時に撮影した料理。

スモークサーモン鮭190円。スモークされたハラスの部分。脂が乗っててスモーキーで美味いね。身をほじってホネをしゃぶって美味ー!

f:id:tonton29usa:20170815163623j:plain

ニンニク焼き290円。これは他と比べるとお得感があんまりなかったかな。ニンニクの欠片5~6個を鉄板の上でオイル煮にして最後に玉子を落とした一品。美味しいんだけどね。

f:id:tonton29usa:20170815163915j:plain

その時の仕入れ状況によって変化するふぶきを楽しもう!

ふぶきは変化と進化を繰り返しているので、以前あったお気に入りのメニューが無かったりすることもよくある。だが、必ずと言っていいほど新たなお気に入りのメニューがあるはずだ。そーいうのを探すのもまた楽しいよね。

マスターは無口で職人さんという感じ、ウェイトレスさんは外国の方が多いけど一生懸命でフレッシュな接客をしてくれると思う。

マストなオーダー

刺し身三点盛り:390円

穴子:290円

とんとん評価

  CP度(美味しさ×価格):9/10

お会計

ホッピー:390円

刺し身三点盛り:390円

中:150円×2

穴子:290円

本マグロのツナサラダ:190円

出汁巻きオムレツ:290円

あさりのニンニク醤油漬け:190円

お会計:2,040円

ちょっと食べすぎた感がいなめない!とんとん的せんべろ認定です!

店舗情報

ふぶき(Fu Bu Ki)

東京都台東区上野6-4-14

営業時間:12:00~22:00 中休み有り 15:00~17:00辺り

定休日:水曜日

【番外編】東京五大煮込みを比較してみる!

まずはおさらいということで。

東京五大煮込みとは「居酒屋大全」の著者大田和彦さんが提唱した、東京三大煮込み(月島 岸田屋、千住 大はし、森下 山利喜)に、立石 宇ち多"と門前仲町 大坂屋を足したものをいうらしい。

※今回は文章長めだっ!!

目次

東京五大煮込みを比較してみる!

煮込みといっても、牛モツ煮込みと豚モツ煮込みに分類される。そして、全店共通して野菜などは入っておらず基本モツのみ。

■牛モツ系

岸田屋 ⇒ 牛すじ系。アキレス腱、すじ肉、メンブレン。醤油味噌甘め。

大はし ⇒ 牛のカシラ、すじ肉。甘じょっぱい大和煮系。

山利喜 ⇒ 牛内臓系。シロとギアラ。豆味噌、ワイン、ブーケガルニ入り。

大坂屋 ⇒ 牛内臓系。串に刺さっている。大阪ののドテ焼きっぽい。

■豚モツ系

宇ち多" ⇒ 豚内蔵系。様々な部位。濃い味噌系。

各店の見た目比較!

岸田屋

f:id:tonton29usa:20170731165728j:plain

大はし

f:id:tonton29usa:20170724115913j:plain

山利喜

f:id:tonton29usa:20170729150707j:plain

宇ち多"

f:id:tonton29usa:20170815090421j:plain

 大坂屋

※撮影禁止なので画像はなし。食べログ 大坂屋に数枚だけ画像がある。

とんとんの独断の偏見による順位。

こうして並べてみると各店舗それぞれに特徴があることがわかる。とんとんなんかが順位付けするのはおこがましく感じるがそれでは話が進まないってことで!

とんとん的順位 煮込み

  • 5位 千住 大はし
  • 4位 森下 山利喜
  • 3位 門仲 大坂屋
  • 2位 月島 岸田屋
  • 1位 立石 宇ち多"

大はしを食べた時のがっかり感は半端なかった。もちろん、「三大煮込み」ということでハードルを上げすぎたというのもあったんだけどね。昔は貴重な牛肉を安価に食べさせてくれたお店だったのかもしれない。でも現代では調理方法も食材も研究されてしまって、上をいくお店が後を絶たず我々の舌も肥えてしまったんだろうなー。各店に言えることだけどね。

山利喜は、苦味が強かった。コク?が平坦で深みがないというか。こんなはずはないと、何度も味わったんだけどね。商魂たくましい感じにも嫌気がしたかな。大衆酒場ではない

大坂屋の牛煮込みは串に刺さっている。昔のモツ煮込みは串に刺してあるタイプだったので、それを現代まで遺している点で価値があると思う。だが、味となると大はしと同じで現代では通用しないと思う。

岸田屋の煮込みは、漫画美味しんぼでも何度か出ていて、究極の煮込みとまで評されている。確かに、5~3位は順位付けしたもののどれも似たような感じで、ここ岸田屋は3店舗より抜きん出ている。

宇ち多"の煮込みは美味い。唯一豚の煮込みだからなのか?色は黒に近いが、味はあっさりしていてコクが深い。それにオーダーに慣れれば好みの部分、ホネ、白いとこ、黒いとこ、ハツもと、脂のとこ等に幅広く対応してくれる。

総合的な順位は?

かなり辛口で評したのには訳がある。当たり障りないことを書くことで、とんとんの記事を読んだ人が、実際にその店舗に訪れてがっかりするのが嫌だったからだ。もちろん、好みが同じとは限らないので合う人もいるかもしれないけどね。自分に正直でありたいってことで!

実際に、サイドメニュー、価格、接客等色々加味した順位はまた変わってくる。一位は宇ち多"、二位は岸田屋で変わらないけど。三位は大はし、四位は大坂屋、五位は山利喜かな。岸田屋の接客は凄くいい。三大煮込みという驕りも一切感じないし、お客さんに喜んでもらいたいという想いが伝わってくる。サイドメニューも多く、美味しいぞ。大はしは、江戸っ子の粋?なのかどうかわからないが、一見の価値はあるかも。

新東京五大煮込みを探求するべし!

とんとんは別にもつ煮込みだけを特にクローズアップして食べているわけではないのでそんなに詳しくはない。おい、今更かよ!っていうツッコミが聞こえる……。そんな中で今のところ一番美味しい煮込みと感じているのが、恵比寿の縄のれん次に新宿のウッチャンかなー。縄のれんは残念だけど撮影禁止なんだよね。これからも色々なお店で飲んだくれるけど煮込みは常に意識していこうかな!とんとん的新東京五大煮込みを探求していこう!

www.tonton29usa.com

ここの煮込みは絶品だぜっ!という情報をお持ちの読者さんは是非とんとんまでお知らせください!都内であれば駆けつけます!

東京五大煮込み過去のレポ

www.tonton29usa.com

www.tonton29usa.com

www.tonton29usa.com

www.tonton29usa.com

www.tonton29usa.com

【小岩】予約必須!ヒナ鳥の素揚げはもちろん鳥のモツ刺しも最高の素揚げやで最強レモンサワーを飲む!

先日の記事でも触れた、小岩三大予約しないと入れない店のひとつ素揚げやさんで飲んだくれるぜ!もう何度も訪れているので予約を入れた瞬間からwktk状態だ。あ、テカッているのは顔の脂のせいか。

目次

予約必須!ヒナ鳥の素揚げはもちろん鳥のモツ刺しも最高の素揚げやで最強レモンサワーを飲む!

また最強か、とか思わないで!今回はSATOKIさんが言ったからじゃない。最強という言葉の価値が低くなってしまった感がいなめないが、本当にこのお店の商品名なんだ。凍らせた国産のレモンが氷替わりのレモンサワー。甘いタイプやストレート、ハイボールタイプなど種類がある。

順番が前後してしまった。まずは道案内から。小岩駅南口を降りて正面。昭和通りを真っ直ぐひたすら中央通りも超え10分程進んだ場所の左手にある。途中に立ち食い焼き鳥の鳥勢老舗の鳥正さんやもつ焼きの名店一力もあるので飽きることはないだろう。

お店に到着すると予約をしてあるのですぐに中へと案内された。カウンター8席くらい奥に小上がりのテーブル席が二つかな。中々せまい。

よし、ここで最強レモンサワー450円を注文だ!あ、嫁もいるので二つね。

f:id:tonton29usa:20170814131154j:plain

うん。間違いなく飲んでるよね。ホント駄目なんだよなー。撮る前に飲む!みたいな。

今回はエキストラタイプ(甘くない)の最強レモンサワーだ。スッキリ炭酸シュワシュワ。そしてこのレモンサワーは苦味がないんだよね。凍らせているからかな?二杯目は中350だけ注文すればまた変わった味のレモンサワーになる、気がする。美味しいよ。ちなみに他のドリンクは、生450円、中瓶580円、ホッピー340円、ホッピー中200円、ウーハイ、緑茶ハイ350円という感じ。ホッピーを頼めばコスパよく飲めるけど、ここでは是非最強レモンサワーを頼んで欲しいね。

凍らせたレモンサワーといえば、亀戸のホルモン青木のレモンサワーはジョッキも凍っていてシャリキンっぽくなった上に凍ったレモンが入っているので個人的にはそっちのほうが好みだ。グラスの淵には塩も塗ってあるこだわりも好き。

美しく盛られた鳥のもつ刺しは絶品だ!

ここのお通しは毎回じゃこと水菜のサラダが出てくる。胡麻油と塩で味付けされたこのサラダはアテにもなるし口休めにもなるね。とんとんも真似してよく家で作るくらいだ。画像は二人前かな。

f:id:tonton29usa:20170814132439j:plain

素揚げには20分かかるので一気にオーダーする。素揚げのセット1800円は、砂ぎも、手羽、ももだ。そして、とり刺し盛り合わせ1500円、野菜素揚げおまかせ盛り780円を頼んだ。

最初に運ばれてきたのは、とり刺し盛り合わせ。鳥わさ、レバー、はつの3種類。みよ、この美しい盛りを!子供(とはいっても、大分大きい)たちと一緒に来るとこのとり刺し盛り合わせは一瞬でなくなるので、もう一皿追加する羽目になるくらいだ!

f:id:tonton29usa:20170814132410j:plain

美しいものは美味しいに決まっているよね。あ、でもグロいものほど美味しいとも言うか。なんでも美味いってことで!

鳥わさはもちもち食感、ハツも新鮮で美味い。でもやっぱり一番はレバーだ!牛レバーが食べれなくなったからといって悲観することはない。ここの鳥レバーはそれ以上だっ!言い過ぎか?舌の上でとろりと溶けるように消えていき、濃厚な旨味だけを残していくんだ。それを最強レモンサワーで流していく。幸せだ。あー、もうまた行きたくなってきたわ!

看板メニューは鳥取大山鶏のヒナを使った鶏の素揚げ。

一品目は砂ぎも。コリッコリして美味しい。でもちょっと揚げすぎかなー。とんとんはもう少し柔らかめが好きかも。好みなのでこれが好きって人ももちろん多い。

f:id:tonton29usa:20170814134126j:plain

ももと手羽は同時に運ばれてきた!運んでくれたおねーさんがとんとんが写真を撮るのを待ってくれて分解を始める。立石 鳥房のような憎まれ口は叩かないぞ!

f:id:tonton29usa:20170814134237j:plain

f:id:tonton29usa:20170814134309j:plain

熱々の鶏はジュシーだ。部位によって食感が違って楽しめる。塩が薄めなので鶏の味がよくわかる。柚子胡椒もすごく合う。やべ、ヨダレが出てきた。肋骨部分はせんべいのようにバリバリ食べれて酒が進む。

立石 鳥房と比べると、こちらのほうが小さく値段も倍はする、しかし上品で繊細な旨味というか、味わい深さがある。しみじみ美味いなーって思うんだ。

二枚看板!?野菜素揚げおまかせ盛りは絶対絶対頼むべき!!

よくここ素揚げやさんは、ヒナ鶏の素揚げと最強レモンサワーが看板だと思われているが実は違う!とり刺しもうまいけど、あ、やっぱりとり刺しは外せないか。三枚看板でいこう。なんのこっちゃよくわからなくなったが、とにかく、野菜素揚げおまかせ盛り780円は頼むべき一品なんだ。

店長の宮さんも自身のブログで語っている。

看板料理は
鳥取大山鶏のひなを使った
鶏の素揚げ。
京都上賀茂の農家さんから
直送していただく
野菜の素揚げ
の、二枚看板です。

※ブログから一部抜粋

それが、これだ!

f:id:tonton29usa:20170814135518j:plain

野菜の甘みがこれでもかってほど感じられる。特にとんとんがオススメなのはブロッコリーだ。こ、こいつ揚げるとこんなヤツになるのかよっ!!という新発見があるだろう。香ばしいブロッコリー喰ったことあるか?

レモンサワーだけではない、日本酒も色々揃っている!

このお店は各地方の日本酒も多く取り揃えている。とんとんは昔静岡県焼津市に住んでいたことがあって、地元のお酒としてこの初亀よ磯自慢を毎日よく飲んでいたんだ。懐かしさのあまり頼んでしまった!

f:id:tonton29usa:20170814135738j:plain

マストなオーダー

ヒナ鶏の素揚げセット:1,800円

とり刺し盛り合わせ:1,500円

野菜素揚げおまかせ盛り:780円

とんとん評価

 CP度(美味しさ×価格):9/10

せんべろではないけど、おすすめです!

お会計

お通し:不明

最強レモンサワー:450円×2

サワー中:350円×4

ヒナ鶏の素揚げセット:1,800円

とり刺し盛り合わせ:1,500円

野菜素揚げおまかせ盛り:780円

日本酒 初亀:600円

お会計:6,980円(お通し代含まず)

店舗情報

素揚げや 小岩店

東京都江戸川区南小岩8-25-1 東洋ハイツ1F

03-6806-9481

営業時間:火~土 17:00~23:00(LO.22:00) 日祝 17:00~22:00(LO.21:00)

定休日:月曜日

小岩の他記事

www.tonton29usa.com

www.tonton29usa.com

www.tonton29usa.com

www.tonton29usa.com

【新宿】ノスタルジックな思い出横丁。もつ焼き ウッチャンで最強の煮込みを食す!

新宿といえば、とんとんが若かりし学生の頃よく飲んだくれた街である。北の家族養老乃瀧、今でもあの場所にあるのかなー。

f:id:tonton29usa:20170813150128j:plain

目次

ノスタルジックな思い出横丁。もつ焼き ウッチャンで最強の煮込みを食す!

この路地の先が思い出横丁だ。昔はションベ……やめておくか。とにかく、この狭い路地に40軒程の店舗が凝縮されているのだ。観光でも有名らしく外国の方々がこぞって写真を撮っている。もしかしたら彼等が抱く日本のイメージはこういう場所なのかもしれないね。

f:id:tonton29usa:20170813150347j:plain

うなぎ串の大衆酒場カブトは今日も混んでいる。ここもいつかレポしたいね。

f:id:tonton29usa:20170813150503j:plain

そして、そのカブトのすぐ横にもつ焼きウッチャンはあった!開店直後でまだ誰もならんでねー!らっきー!

f:id:tonton29usa:20170813150640j:plain

激狭の店内。だがそれでいい!モツを喰うだけなんだから!

今回は嫁と訪問。ここはギュウギュウに詰め込まれるので巨漢なとんとんは肩身が……広いからこそ、狭い。だが嫁がいるのでよりかかれると思うと気が楽だ。もう混雑時は横に並ぶことすら出来なくなる。カウンター前に一人、もう一人はその後ろというように交互になる感じ。伝わらないか?

と、取り敢えずまずは飲み物を注文だ。やはりここは新宿、飲みのものは高い。大瓶770円、ホッピー490円、サワー類380円~だ。これでも大勢お客が来るっていうんだから美味いということがわかる。私はホッピー490円、嫁は生姜ハイ490円を注文。

f:id:tonton29usa:20170813153153j:plain

ホッピーはシャリキン。そしてこの生姜ハイは刻まれた生姜がたっぷり入った生姜シロップをシャリキンと炭酸で割ったもの。一口飲むたびにかき混ぜないとシロップが重くて底に沈んでしまうのだけど、その一手間もまた美味しさだ!嫁は美味い美味いと飲んでいた。女性ウケしそうなメニューだ。

最強のもつ煮込みはやはり美味かった!

最初にここへ来たのは、飲み仲間のSATOKIさんが「最強の煮込み」を食わせてやるってことで来たんだ。それがこれだ!

f:id:tonton29usa:20170813180436j:plain

もつ煮込み480円!あ、ちなみにSATOKIさんは酔うとどこに行く時でも「最強の煮込みを食わせてやるっ!」って言うんだけどね。

だがしかし、ウッチャンのモツ煮込みは本当に最強だった。美味い!新鮮なのに下処理もしっかりされているからか臭みまったくなし!とろり濃厚な出汁が染みたモツは絶品だ。いやー最強だなー。

他メニューも全部最強だった。

オススメに書いてあったので注文したホルモン炒め390円!このボリューム!なんでこれだけ高コスパなのは謎だが、これがまた美味い!もう一度言おう美味いこれ!少し甘めのタレで炒められたモツとキャベツ。シロ、ハツモト、ナンコツなど様々な部位が盛りだくさんだ。中260円おかわりだ!!

f:id:tonton29usa:20170813183006j:plain

モツ煮にホルモン炒め。想像を超えた感動が二度もあるお店は必ず人気だ。だがここは違う。三度目もあった!それがスタミナ(ハラミ)470円!!

「ちょっと待ってっ!!」

という、嫁の声は一歩遅かった。

f:id:tonton29usa:20170813183522j:plain

画像を撮る前に、とんとんが箸で黄身をぶっ刺したのだ!本当はちゃんと提供されています。レアに焼かれたハラミを特製の甘ダレ、ネギ、ゴマ、黄身で頂く。ご飯持ってこーい!というレベルの美味さだ。よくわからないか。とにかく美味いんだ!

小出しの感動もあってお客を飽きさせない。

嫁はお代わりに生トマトハイ490円。そして、とんとんは梅割りの横にある生姜割り390円を注文した。梅割りは隣のお客さんが頼んでいたので宇ち多"と同じヤツだということはわかる。では生姜割りとは一体……。

f:id:tonton29usa:20170813183853j:plain

おおおお!そうきたか!キンミヤに最初に嫁が頼んだ生姜シロップを注いだやつだ!面白いね。いいよ、こういう遊び心!

f:id:tonton29usa:20170813184057j:plain

今回は頼まなかったんだけど、串モノももちろん美味い。そしてこの紅生姜が刻まれ練り込んだ特製味噌がまた美味い!モツに合う!

f:id:tonton29usa:20170813184523j:plain

混雑と激せまを覚悟してでも行く価値があるお店だと思う。私も新宿までちょっと遠いけどこのお店に行くために足を運んでしまうんだ!

マストなオーダー

もつ煮込み:480円

ホルモン炒め:390円

スタミナ:470円

とんとん評価

 CP度(美味しさ×価格):7/10

めちゃ美味しいけどCP度っていわれると7かな!

お会計

ホッピー:490円

生姜ハイ:490円

中:250円

もつ煮込み:480円

ホルモン炒め:390円

スタミナ:470円

生姜割り:390円

生トマトハイ:490円

お会計:3450円

せんべろではないけど行く価値あり!

店舗情報

もつ焼き ウッチャン 新宿思い出横丁店

東京都新宿区西新宿1-2-7 穂波ビル

営業時間:16:00~23:00(LO.22:00)

年中無休